注連縄作り

12月21日(日)年の瀬を迎え、来たる正月へ向けて注連縄作りと神社及び遺跡周辺の清掃を行いました。

 

氏子の皆様が一束一束藁を編んでいきます。

DSC_0344

この作業、結構コツがいるようですが、皆様慣れた様子ですね。

 

編んだ束をさらに編み込み、大きな注連縄を作ります。

DSC_0353

太さや形を調整しながら固く締めるため、皆で力を合わせます。

DSC_0358

 

完成した注連縄は正月前に鳥居と社殿に取り付けさせていただきます。

また、清掃活動にもご協力いただきありがとうございました。

 

沢山の皆様のご協力の下、手作りの注連縄と綺麗な境内で正月を迎えることができます。

ミッシーク トートゥガナシ。

 

そして、夜は忘年会です。

 

今年一年ありがとうございました。

皆様もよい年をお迎え下さい。

秋の大祭

12月6日 旧暦の10月15日
按司根津栄神社の秋の大祭が執り行われました。
氏子の皆様におきましてはとても寒い中大勢の御参列、誠にありがとうございました。
特に熊本からの林家御一行様、種子島からの山家御一行様は遠くから遥々お越しいただきありがとうございました。また是非お待ちしております。
気温15度を下回り風もビュービュー吹く、17時半より祭祀が執り行われました。
暖房の設備もなく与論とは思えない寒さの中でしたが4時間ほどのお祭りが無事終了することができました。
神様の恵みを感謝し、これからの氏子や崇敬者の皆様の健康とご多幸をお祈りいたしました。

SONY DSC
修祓をし、祓い清めました

SONY DSC
島の言葉で祝詞を読み祈願いたました
参列の方も祝詞に合わせてお祈りをします

SONY DSC
与論献奉での直会です。奉納されたお神酒を飲むことにより神様のパワーを頂きます。

SONY DSC
琉球舞踊の『御前風(ぐじんぷう)』を奉納いたします。
SONY DSCSONY DSC
カチャーシーを皆で踊って神様を楽しませる踊りをします。

SONY DSCSONY DSC
神様をお送りいたします!
とても寒い中でした多くの参列者がいらっしゃいまして、こんなに人の多いお祭りは初めてだと家族も言っておりました。
12月21日に忘年会もありますので皆さんご参加下さい。

台風

当初の進路とは大きくずれて

与論島に今年最大の台風が接近しております。

昨年は神社も台風の被害にあいました。

今回の台風は昨年の規模と同じくらい強い台風みたいです。

さらに台風の速度が毎時15キロというノロノロ台風

島民の皆様のご無事を祈っております。