神送り祭(ウークイ) 旧暦の大晦日

先日、旧暦の大晦日に神送りのお祭りを執り行いました。

一年間の大御恵に感謝し、祝詞を奏上しました。

雨が強くなってきたので、参列者と一緒に社殿に入り、直会をしました。

按司根津栄神社の祭祀は少し次第が違います。

修祓、献饌、祝詞、玉串、の後に直会、最後、神送り祝詞奏上をし、撤饌をします。

福岡から頂いたお神酒を下げて与論献奉を施行しました。

狭い中に10名くらい肩を寄せ会いながら、ご長老達に与論の昔話や神様信心についてうかがったりしました。

この社殿も立て替えを計画しており、この社殿でこのようにお祭りを行う回数も少なくなっていると感じると、寂しくなります。

直会の最後には総代が歌を唄い盛り上げてくださいました。

最後に神様をお見送りしてお祭りを終了しました。

今日は兵庫県の神崎高校から修学旅行で民泊に泊まられている方々がお参りに来てくださいました。

皆な与論を満喫して頂きたいです!!

明日は神迎え祭です。(ウムケー)

ヨロン島へ春の訪れ

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

按司根津栄神社の門松です



二月に入りまして、最近の与論は25℃近い気温があり、春の訪れを感じさせてくれます。最近はオームックイ(与論の方言でメジロのことです)がパパイヤの実をつっついていました。

寒緋桜の花も咲き始めてきております。ピンクが鮮やかできれいですよね

明日は旧暦の大晦日です。按司根津栄神社の神送りの神事が行われます。御参列をお待ちしております