遺跡

このエントリーをはてなブックマークに追加

神井戸(カミゴー
地下水が湧き出る泉。古くから按司根津栄神社の神事に使われている水は全てここの泉から汲んでいる。昔から枯れることがなく、近くには木下井戸(シーシチャゴー)があり、昔から住民の生活水として大切にされている。



馬の足跡(ウマノクン)
 按司根津栄の弓の練習場と言われている場所。馬の足跡があり按司根津栄の足跡も残っている。ここから島の東側を通る海賊船に弓を放ったといわれる伝説の場所でもある。



鳩の湖(ハトノコー)
按司根津栄が飼っていた伝書鳩の水飲み場と言われている。ここの水は枯れないと言われている。




按司根津栄の浜宿
按司根津栄がこの浜宿を拠点に漁をしていた。この場所では旧暦
3月3日に海の恵みに感謝し、海の安全と子供の成長を祈願するお祭りが行われる。夕方からは多くの氏子や崇敬者で賑わう。